© IEKEIEI All rights reserved.

202110/2

人は甘やかすとミスが多くなる

管理職やリーダーに部下に対して甘い人がいます。
部下に甘い人は、少々ミスをしても、「次は気をつけてくれよ」で済ますことが多いです。
そのミスをした人が、次に気をつけて気をつけて仕事をするかといえばそうではなく、同じミスをする人が多いです
それは、ミスをする⇒叱られる・迷惑をかける⇒反省する⇒次は気をつける。といったサイクルが回されず、ミスをする⇒叱られない⇒ホッとするで終わってしまうからです。
失敗したときに、「迷惑をかける!」といった反省が出るから、「次は気をつけよう」と行動を改めます。
その行動を改める手段として「叱る」がありますが、その「叱る」がなければ、「甘え」がでて「反省」につながりにくいのです。
職場は「甘え」があればミスがなくなりません。
管理者やリーダーは、「ミスはミス」として反省を促す行動をとることが大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人は教えなければダメになる

「考えること」と「行動すること」の2つを実行する

おかしな職場から脱却させる

変わるはずのものが変わらない

数字の奥を分析する

ページ上部へ戻る