© IEKEIEI All rights reserved.

20191/27

決断力のない3つの定番

なかなか決断しない人には3つの定番があります。
2つ目は、「わかった」と言って、具体的なことを何も言ってこない人です。
このパターンは、本当に言ったことが理解されているのかがわからず、督促することもできないです。
このパターンが一番多いのではないでしょうか。
2つめは、「考えておく」と言って、いつまでも返答ないし人です。
そして、「どうなりましたか」と聞くと、「もう少し待ってくれ」と先延ばしをします。
これも結構多いパターンです。
3つ目は、よく問題を持ち込む人や疑問を問いただす人を避ける人です。
「またか・・」と思い、「いい加減にしてくれよ」と避けるのでしょうが、これは現状から逃げていることになります。
会社を見回すと、決断力のない3つの定番に当てはまる人は多いと思います。
そのパターンにはまらないようにすることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

基準は厳しければいいものではない

固定型と成長型

人は甘やかすとミスが多くなる

目的と手段が明確であれば結果はでる

過去は変えられないことを前提とする

ページ上部へ戻る