© IEKEIEI All rights reserved.

20214/11

何もかもやろうとすれば中途半端になる

責任感の強いい人は、完璧を求めて何もかも手を付けてバタバタしています。
その結果、色々なところで取りこぼしが出て、やればやるだけ中途半端になっていることが多いです。
仕事には期限があり、その限られた期限内で目的を果たさなければなりません。
また、仕事をする上では必ず相手が存在し、その存在している相手も自分なりの考えを持っています。
そのため、自分が考えた完璧と相手が考えている内容は、すべて一致することは難しいです。
ですから、いくら完璧を求めても、それはできないことであり、そのような仕事を求める人もいないと言えるでしょう。
仕事は目的を果たすことであり、目的のレベルも仕事により異なってきます。
しっかり資料を揃えた仕事や、A4の1枚で簡単にまとめればいい仕事もあります。
つまり、仕事をする上では、重点主義にならざるを得ないのです。
ですから、仕事を始める前に、その仕事の重要度を考え、メリハリをつけた仕事をすることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「できない」と「やり方を知らない」は違う

熱湯効果を活用する

山海の心を念頭に置く

目標は下方修正しない

変えてはいけないものは変えない

ページ上部へ戻る