© IEKEIEI All rights reserved.

202111/6

変わるはずのものが変わらない

人は入社して経験を積んでいくと変化していきます。
また、失敗をするとその失敗を糧に仕事のやり方を変え、失敗をしなくなるようになります。
多くの人は、年月を経ると変わり、その変わることを前提に仕事の指示をしたり担当を決めます。
しかし、中には変わらない人もいるのです。
今までと同じ発想で新たなことをしようとしたり、何回教育しても同じ失敗をしたりする人がいますが、この人は変わるはずが変わらない人と言えるでしょう。
そのため、変わることを前提に指示したり仕事を与えたりすると、トラブルになる事があります。
ですから、「変わるはずのものが変わる」人と、「変わるはずのものが変わらない」人を見極めて指示したり担当を決めたりすることが大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あきらめの報いは自らに返ってくる

弱い人には許すことができない

仲良しグループから脱却する

自分の行動結果の損益計算をする

力不足は補える

ページ上部へ戻る