© IEKEIEI All rights reserved.

202111/14

おかしな職場から脱却させる

「不機嫌な職場 なぜ社員同士が協力できないのか」(講談社現代新書:高橋克徳氏他共著)に、おかしな職場の項目があげられています。
その項目は、下記の9項目があげられています
①「おはよう」のあいさつがなく、皆淡々と仕事を始める
②机が近い人でもメールでやりとりし、直接話をしない
③昼食は一緒に行かない。気づくと自分の机で一人で食べている
④残業で遅くなる人がいても声をかけない
⑤困っている人がいても「手伝おうか」の一言がない
⑥何度頼んでも、誰もキチッと対応してくれない
⑦新しいことに参加してくれない
⑧自分の役割や業務でないと、仕事を押しつけ合っている
⑨お互いにかかわれない、踏み込めない空気が漂っている
1人1台のパソコンで、それぞれがそれぞれにやり方で仕事をしているため、お互いのかかわりが難しく、また、コロナ禍のリモートで、お互いの仕事のかかわりが難しくなっています。
そのような状況下であっても、上記の9項目で改善できることは実行し、おかしな職場をおかしくない職場に変えることは大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自分にしかできない仕事はない

カールソンの法則で効率化を図る

登りの景色と下りの景色

言行一致を原則とする

疑問を持つ

ページ上部へ戻る