© IEKEIEI All rights reserved.

202111/20

「考えること」と「行動すること」の2つを実行する

「考えること」と「行動すること」は同時の行うことにより効果を出します。
よく「行動が伴わない」言われる人がいますが、それは考えるだけで行動しない人を言います。
また、「何も考えていない」と言われる人は、考えが伴わない人です。
このように、「考えること」と「行動すること」の一方が欠けていれば効果が出ず、同時にすることにより効果を出します。
周りの人を見ていると、この2つのことを同時にする人が意外に少ないことに気がつくでしょう。
行動しない人は失敗を恐れて口先だけになり、人を納得させるのが苦手な人は行動することに重点を置きます。
「考えっること」と「行動すること」にのどちらかも欠けないように気をつけることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

行動から結果を管理する

情報の取捨選択をする

アナログ発想を転換させる

到達点を共有化する

コントロールの幻想に気をつける

ページ上部へ戻る