© IEKEIEI All rights reserved.

20235/6

利用可能バイアスに気をつける

利用可能バイアスとは、自分の思い出せる直近の事例に基づて判断することを言います。
よく言われるのが、野球選手の年俸を決めるとき、シーズンの終わりで活躍し、その印象を元に翌年の年俸決めをすることです。
その結果、翌年は、年俸に見合った成果を出せずに、ミスマッチがスポーツ紙を賑わします。
これは仕事にも当てはめることができ、今まで不適合を出していた人が3~4ヵ月不適合を出さなかったとき、「彼はしっかり仕事をするようになった」と朝礼等で紹介した翌月に、以前のように不適合を出し始めたということもあります。
何かを判断するとき、直近の事例やデータの印象で判断するのではなく、6か月~1年の事例やデータで傾向を分析することが大切です。
多くの人が陥りやすい、「利用可能バイアス」に注意しながら方向付けすることは重要です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

行動から結果を管理する

情報の取捨選択をする

アナログ発想を転換させる

到達点を共有化する

コントロールの幻想に気をつける

ページ上部へ戻る