© IEKEIEI All rights reserved.

202211/5

体験を経験に変える

体験とは、「自分で直視したり触れたり行ったりする」ことを言います。
一方、経験とは「行動したうえで知識やノウハウを身につけ、新たな行動規範にする」ことを言います。(逆境を楽しみ:岩出雅之著)
つjまり、自分で経験したことを元に、色々つけ足して自分なりに加工して使えるようにすることが経験なのでしょう。
事故にあいそうになった経験をそのままにしておけばただ体験したことで終わります。
しかし、事故に起きないような行動が取れるようにすれば、体験を経験に変えることができ、大きな事故にあうことがなくなります。
多くの人が色々な体験をしていますが、ただ体験しただけでおわっていることが大半ではないでしょうか。
せっかく体験したことを経験に変えるために、体験に知識やノウハウプラスすることは大変重要です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

決断をする

見方を変える

頑固さは障害になる

今年の行動計画を立てよう

ナッジ理論を活用する

ページ上部へ戻る