© IEKEIEI All rights reserved.

20219/11

失敗の前には予兆がある

何か失敗をした時、「あの時ああすればよかった」と思う人が多いと思います。
また、進めているときに、「何かおかしいなぁ…」と感じていてもそのまま進めて失敗するときもあります。
このように、失敗するときには予兆を感じ取ることが多いです。
しかし、どんどん進めているときは、目先の進めることに重点を置いているため、その予兆を無視することが多いです。
大きなトラバルも小さな失敗が原因で起きるように、予兆を失敗と感じて、そこでいったん立ち止まって中身を見直すことです。
そのためには、進める段階ごとに踊り場を作り、予兆を感じたときは踊り場で見直すことも必要でしょう。
予兆は危険信号とを思うことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去は変えられないことを前提とする

声が小さければまとまらない

型を覚えた後でなければ型破りはできない

集中すればその本質がわかる

学習性無力感を打破する

ページ上部へ戻る