© IEKEIEI All rights reserved.

202210/29

直観を仮説と実態把握の繰り返しで検証する

何かしているときやデータを見たとき、「何かおかしい」と思う人は多いでしょう。
その「何かおかしい」の「何か」がわからず、そのままにしている人も多いでしょう。
その結果、トラブルが起こるとか問題が発生することもあります。
「何かおかしい」と直感で感じたときは、「何か」がわからずとも「何かがおかしい」のです。
ですから、その時は「あれがおかしいのでは」と仮説を立てることです。
そして、その仮説に基づいて実態把握をし、おかしいことの検証をします。
その、「仮説」と「実態把握による検証」を繰り返せば、「何か変」が、「これが変だ」がわかります。
直感で「何かおかしい」と感じて検証することは、大きな問題を事前に把握するため大切なことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

決断をする

見方を変える

頑固さは障害になる

今年の行動計画を立てよう

ナッジ理論を活用する

ページ上部へ戻る