© IEKEIEI All rights reserved.

20245/18

注意することが相手を成長させる

何か失敗しても、「今回はいいから、次から気をつけるように…」と、失敗に対して注意することなく終える人がいます。
そのような時、自分が失敗したときに、注意されなければどう思うでしょうか。
人にもよりますが、「助かった」と思うか、「次は気をつけなければ」と思うかどちらでしょうか。
多くの人は失敗したとき、「しまった…」と思うでしょう。
そして、「失敗しないためには次にどうすれば…」と思うことにより、失敗が少なくなっていきます。
その、「失敗しないためには、次にどうすれば…」と思わせるには、注意がきっかけになることが多いです。
注意の仕方によりますが、失敗した時は次につなげる成長させるための注意は必要です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィードバックは直ぐする

指示は3つの要素からなる

ルールに例外はない

机の上は自分の能力を現している

信頼しあえる土壌を作る

ページ上部へ戻る