© IEKEIEI All rights reserved.

20225/28

反論への対応より実行を優先する

何かをするときは必ず反対する人はいます。
その反対する人にも賛同してほしいため、色々な効果などを説明しますが、それを聞いて納得する人は少ないです。
それは、根本的にやろうとしている効果より、損失に重点をおいているため、それをゼロにすることは難しいためです。
そのため、全ての反対者を納得させてから実行に移そうとすると何もできません。
ですから、反対者への説明をいつまでもするのではなく、賛同者を中心に実施を進めることです。
そして、進める段階で効果を出せば反論は少なくなっていきます。
「何をしても反対者はいる」と割り切って進めることも必要です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

調和性もほどほどにする

4の法則を理解する

ポジティブな情動に気をつける

言行一致の法則に気をつける

疑うところに心理がある

ページ上部へ戻る