© IEKEIEI All rights reserved.

20192/24

親切は不親切になる

人が何か困っていると、親切にあれこれ手伝う人がいます。
また、人から頼まれると、引き受けて相手に変わってやってあげる人もいます。
親切にやってあげたり頼まれたことを相手に変わってやっていると、「○○さんに頼もう」と自分がやらずに直ぐ頼むようになります。
このように、直ぐ相手を頼りにし始めると、自分で考えたりやったりするのが面倒になり、自ら積極的にしなくなるのです。
つまり、こちらは親切でやっているつもりが、相手を考えさせたり積極的な行動をさせないように仕向けているのです。
従って、親切のつもりが相手にとっては不親切なことをしているのです。
人を成長させようと思えば、少々嫌われても不親切をすることです。
周りを見てみると、親切をされている人ほど考えないようになっているのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

同じような要因でも相違点はある

マーテックの法則に気をつける

礼儀を知らない職場では、半分の人が手を抜く

変換して皆を納得させる進め方を考える

一言で伝えられるようにする

ページ上部へ戻る