© IEKEIEI All rights reserved.

20193/2

反発には二種類ある

誰でも全ての相手と相性が合うわけではありません。
相手と相性が合わず、どうしても反発したりされたりすることがあります。
この反発には、二種類の反発があります。
一つ目の反発は、考え方が合わず、どうしても相手の考えに納得がいかず反発してしまうことです。
これは、考え方の違いであり、お互いに話せば妥協点が見いだせるため、人間関係を致命的に阻害することはありません。
二つめは、生理的に相手と合わず、つい反発してしまうことです。
これは、いくら議論しても平行線になり、お互いに合意することは難しいです。
仕事をする上では、生理的に合わなくても話の正当性で判断することです。
決して「あなたとは根本的に会いません」といったことを表面に出さないことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インプット情報を増やす

何かするときには何らかの犠牲は覚悟する

言語化で整理する

「わかった」は「わかっていない」と思うこと

人は本能的に自己を正当化する

ページ上部へ戻る