© IEKEIEI All rights reserved.

20228/13

しつけは自分で自分をコントロールできる人を作る

5Sの1つに「しつけ」があります。
しつけとは、「決めたこと、決まったことが当たり前にできる」ことを言います。
つまり、人から「あれができていない」「これができていない」と指摘されずに、自分で行動できるようになることです。
ですから、急いだ時、「これぐらいいいだろう」と手抜きしたくなる時、手抜きをしない自分を作ることなのです。
そのため、しつけができている職場からは、不適合がでることがなく協力しながら仕事をする人が多いです。
「しつけは自分で自分をコントロールできる人を作る」ことをよく理解することです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

考えても仕方がないことと考えなければならないことを区分けする

自分はできると考えている人が結局勝つ

人は気に入らない情報があると反対しがちである

改善は「誰かが」ではなく「自分が」を大切にする

深めるほど知らないことが多くなる

ページ上部へ戻る