© IEKEIEI All rights reserved.

20229/11

改善は「誰かが」ではなく「自分が」を大切にする

不具合対策で、新たなやり方がやりにくいため、見直す必要があると思ったとき、そのその見直し「誰かがやるだろう」と思いながらそのままにする人が意外に多いです。
「誰かが」と思っている人は多く、誰も行動しないのが現実ではないでしょうか。
それは、誰もが「誰かが」と思っているため、「誰か」が現れないのです。
何かを変えるときは、「誰かが」ではなく、「自分が」と積極的に行動することが必要です。
「自分が」と思って積極的に行動していれば、時間がかかっても必ず賛同者がでてきます。
その賛同者と共に「自分たちが」と続ければ、「自分が」を「自分たちが」と輪を広げていきます。
そうすれば、職場が変化して生き生きした職場が作れます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

考えても仕方がないことと考えなければならないことを区分けする

自分はできると考えている人が結局勝つ

人は気に入らない情報があると反対しがちである

深めるほど知らないことが多くなる

話す言葉は気持ちを表現している

ページ上部へ戻る