© IEKEIEI All rights reserved.

20229/5

深めるほど知らないことが多くなる

何かをするとき、そのことに対して深めていけばいくほど、「あれがわからない」「これはどうすればいいのか」といったように、知らないことがどんどん増えていきます。
深めれば深めるほど、自分の知らないことが多くなるのです。
ですから、物事を深めている人ほど色々なことを知っています。
逆に、上辺で処理している人は、上辺のことだけの話になり、それ以上深めた話になると「わからない」が増えます。
どこまで深めるかは内容によりますが、仕事は本質が理解できるまでは最低深めないといけないでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

考えても仕方がないことと考えなければならないことを区分けする

自分はできると考えている人が結局勝つ

人は気に入らない情報があると反対しがちである

改善は「誰かが」ではなく「自分が」を大切にする

話す言葉は気持ちを表現している

ページ上部へ戻る