© IEKEIEI All rights reserved.

20217/18

熱湯効果を活用する

熱湯効果とは、ぬるま湯につかっているカエルに熱湯を浴びせて高い行動をさせることを言います。
毎日、同じ仕事を繰り返していると、ぬるま湯につかっているのと同じように、新しいことにチャレンジをしてぬるま湯から出ようとしなくなります。
その結果、できないことを言い、自分のポジションを守ろうとして、職場を停滞させます。
そのようなぬるま湯に熱湯を浴びせるためには、ポジションをかえて、別の仕事をさせることです。
そうすれば、今までのやり方が通じなくなり、ぬるま湯に浸ることができなくなります。
多くの人は、ぬるま湯に浸り楽をしようとします。
しかし、ぬるま湯に浸ってもらうと、変化が激しい環境下では対応できなくなります。
職場を停滞させないためには、思い切って熱湯効果を活用し、高い行動を強制的にさせることも必要でしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去は変えられないことを前提とする

失敗の前には予兆がある

声が小さければまとまらない

型を覚えた後でなければ型破りはできない

集中すればその本質がわかる

ページ上部へ戻る