© IEKEIEI All rights reserved.

20217/25

「できない」と「やり方を知らない」は違う

仕事の「できない」人はできるように実践や教育すれば徐々にできるようになっていきます。
しかし、「やり方を知らない」人に、いくら教えてもできるようになることは難しいです。
ですから、「できない」といった人に対して実践や教育する前に、やり方を知らないのかを確認することです。
そして、やり方を知らない人には、やり方を教えてから、できるようにする教育をします。
また、「知っている」と「やれる」の違いも理解する必要があります。
いくら頭で知っていても現状は違い、それができるとは異なり、知っていてもできない人は多く、それを放置していると、いつまでも目的を達成させることはできません。
「できる」「やり方を知らない」「知っている」「やれる」の中身を理解して指示をすることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去は変えられないことを前提とする

失敗の前には予兆がある

声が小さければまとまらない

型を覚えた後でなければ型破りはできない

集中すればその本質がわかる

ページ上部へ戻る