© IEKEIEI All rights reserved.

20218/1

やめればお終い

何かに取り組んでいるとき、なかなか成果が出ないときが多々あります。
そのような状態であれば、その取り組みをやめてしまおうと思います。
しかし、その取り組みが将来的に必要であれば、継続して続けることです。
必要だから取り組んでいるのであって、その取り組みをやめればその取り組みの成果を諦めることになります。
取り組みの成果が出ずにやめようかと思ったときは、取り組みの手段を変えてみることです。
目的を果たす手段は色々あり、決して1つではありません。
必要な取り組みの成果が出なくても辞めずに、手段を変えながら続けることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去は変えられないことを前提とする

失敗の前には予兆がある

声が小さければまとまらない

型を覚えた後でなければ型破りはできない

集中すればその本質がわかる

ページ上部へ戻る