© IEKEIEI All rights reserved.

20218/9

反対意見や質問がない時は気をつける

何かしようと思ったとき、その取り組みは完ぺきではなく何か不足点があります。
その不足がある取組みについて、全員が何の意見もなく賛成したとき、「よかった…」と思って進めることは危険です。
何の反対意見や質問が出ないときは、提案した内容を真剣に考えていないことが多いです。
そのため、進めていく時々に反対意見や質問などが出てきて中断することがあります。
ですから、取り組みに対して何の反対意見や質問が出ないときは、もう一度提案した取り組み内容をじっくり検討する必要があります。
そして、主な人に個別に意見を聞くことも必要です。
提案する案件が大きければ大きいほど、反対意見や質問がない時は気をつけることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

基準は厳しければいいものではない

固定型と成長型

人は甘やかすとミスが多くなる

目的と手段が明確であれば結果はでる

過去は変えられないことを前提とする

ページ上部へ戻る