© IEKEIEI All rights reserved.

20217/4

目標は下方修正しない

4月からの新年度が始まり3か月が過ぎます。
今年度の目標達成に取り組み、1/4の成果をまとめ、次の行動を決めます。
現時点で目標を大きく達成できず、今年度の目標達成は難しいといった状況になっているテーマもあるでしょう。
目標達成が難しい場合、「この目標は厳しすぎた」「下期には見直そう」と妥協すると、なんにために過去のデータを分析して目標を決めたかが曖昧になります。
また、「目標が達成できなければ修正できる」といった安易な雰囲気が出てくると、目標達成に前向きに取り組む姿勢が変わってきます。
目標達成は目標に向け、どのようなプロセスで行動するかが重要であり、プロセスや手段が悪ければ目標を達成することはできません。
そのため、目標から大きくかけ離れていれば、手段やプロセスを変える必要があり、そのPDCAを回すことが重要です。
その手段やプロセスを変えるたりPDCAを回したりせずに、結果を取り繕うために安易に目標を変えるのは避けるべきです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去は変えられないことを前提とする

失敗の前には予兆がある

声が小さければまとまらない

型を覚えた後でなければ型破りはできない

集中すればその本質がわかる

ページ上部へ戻る