© IEKEIEI All rights reserved.

20217/13

山海の心を念頭に置く

山海の心とは、敵と戦うとき、同じことをたびたび繰り返す失敗を言います。
同じことを2度繰り返すのは仕方がないとしても、3度繰り返すのは無能であるとのことです。
仕事でも同じように、同じことを2度繰り返して失敗した時点で、対応策を考えて取り組みを変えなければ2度の学習効果を出すことはできません。
それを、「今度こそは…」と意固地になって繰り返すのは、なぜ失敗したかの対応をしていないことになります。
自分の考えた計画がうまく行かないとき、それを変えることに抵抗を示す人が多いですが、うまく行かない事実を事実として受け止め、「なぜうまく行かなかったか」の原因を見極めることが大切です。
何かに取り組むときは、山海の心を念頭に置き、同じ失敗を繰り返さないことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去は変えられないことを前提とする

失敗の前には予兆がある

声が小さければまとまらない

型を覚えた後でなければ型破りはできない

集中すればその本質がわかる

ページ上部へ戻る