© IEKEIEI All rights reserved.

20202/16

努力が嫌いな人もいる

「努力しろ」とか、「頑張れ」と言った言葉がよく使われますが、それを聞いて、「よしやろう!!」と思う人もいますが、「そんなこと言ったってムリだよ」という人もいます。
「そうなんです」皆が皆、「努力する人」ばかりではなく、「努力が嫌いな人」もいるのです。
ですから、「努力の嫌いな人」に「もっと努力しろ!」と言っても、それはできないことを言っているのです。
では、「努力の嫌いな人」を「そのまま放っておくか」ということもできません。
従って、「努力の嫌いな人」には、目標を与えて、その目標を達成するかどうか、は本人に任せればいいのです。
10人が10人とも同じレベルにしようとするからイライラします。
教える側も、教えられる側も、それぞれ限界があることを知ることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

基準は厳しければいいものではない

固定型と成長型

人は甘やかすとミスが多くなる

目的と手段が明確であれば結果はでる

過去は変えられないことを前提とする

ページ上部へ戻る