© IEKEIEI All rights reserved.

20246/29

知識と知恵の違いを知る

知識とは、ある物事に知っていることや内容を言います。
一方知恵とは、物事の本質を悟り、適切に処理する能力を言います。
仕事をしていて、何もわからずにその都度聞いてばかりいると、「少しは本でも読んで知識を吸収しろ」と言われますが、これは、色々なことを知らなさすぎることを言われています。
また、色々なことを知っていても、それをどのように使うかをわからず、ただの物知りになっていれば、「もっと知恵を出せ」と言われます。
知識は本などで増やすことはできますが、知恵は得ている知識を深め、その本質を理解しながらどう使うえるか、創造を膨らませる必要があります。
多くの人は知識を持っているため、その知識を深めて知恵が出せるようにすると仕事にも深みがでてきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

机上管理からの脱却を図る

役職が人を作る

報連相を大切にする

フィードバックは直ぐする

指示は3つの要素からなる

ページ上部へ戻る