© IEKEIEI All rights reserved.

20244/27

余分な一言を付け加えない

部下が成果を報告してくると、「よく頑張ったな」といった後、「欲を出せばこれも検討してほしかったな」と、褒めるだけではなく余分なことを一言付け加える管理者やリーダーがいます。
この余分な一言があると、褒められたことより一言が記憶に残りやる気を失います。
一言を付け加えた本人は、「さらに…」といったことが言いたいのでしょうが、やる気を失うことを言っているとは思わないことが多いです。
このように何かをすれば余分な一言を付け加える管理者やリーダーは、部下から信頼されていない人が多いです。
人を束ねる管理者やリーダは、褒めるときには徹底して褒めることです。
褒めることがやる気を起こし次につながるのですが、せっかくやる気を起こしている人に対して、やる気を損なう一言はやめることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィードバックは直ぐする

指示は3つの要素からなる

ルールに例外はない

机の上は自分の能力を現している

注意することが相手を成長させる

ページ上部へ戻る