© IEKEIEI All rights reserved.

202110/9

固定型と成長型

固定型とは、自分の基本的な能力や才能は固定的なものであると考えてしまうことを言います。
一方、成長型とは、自分の能力や才能は努力や指導によって増やせると考えることを言います。
多くの人は、自分が固定型であるとか成長型であるといったことを考えずに行動しています。
しかし、身の回りの家族や自分の周りの人が固定型であれば、自然とその影響を受けて固定型になるようです。
ですから、自分が自分の限界を決めつけていると感じる人は、自分の身の周り人が固定型の人が多いのでしょう。
ですから、「去年と比べると成長できていない」と思ったときは、周りの人ではなく成長型と思う人との付き合いを増やすことです。
周りの環境が大きく変化しているときに固定型であれば取り残されてしまいます。
そのため、取り残されないように成長型に転換させることも大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人は教えなければダメになる

「考えること」と「行動すること」の2つを実行する

おかしな職場から脱却させる

変わるはずのものが変わらない

数字の奥を分析する

ページ上部へ戻る