© IEKEIEI All rights reserved.

20212/28

統制を徹底させる

統制とは、「計画と実績の差を分析し、これを計画通りに導くこと」を言います。
しかし、現実は、計画を立ててもその通りに進むことは少なく、多くの計画が未達成に終わっているのが現状でしょう。
その多くの原因は、「何が何でもやれなければならない」といった取り組み姿勢が欠けていることがあげられます。
例えば、今月末が試運転で、「試運転には顧客に運転状況を見せなけれならなない」といった状況があれば、何が何でも今月末までの期限に間に合わせます。
しかし、「今月末がデータのまとめ」といった案件は、月末になってもまとまっていないことが多いです。
そのように、通常の計画は、「何が何でも…」といった仕事の進め方ではなく、通常の仕事の合間で行うために、計画が疎かになっています。
計画は達成させるために立てるものであり、何が何でも守らなければなりません。
ですから、守らない計画を立てることはムダであり、そのような期限決めをしないことです。
計画を立てた場合、管理者やリーダーは統制の意味を理解して徹底して期限を守らせ、未達成者はそれなりの評価をすることです。
そうすることで、計画を仕事化して、決めたことが守れる職場を作るとこです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「できない」と「やり方を知らない」は違う

熱湯効果を活用する

山海の心を念頭に置く

目標は下方修正しない

変えてはいけないものは変えない

ページ上部へ戻る