© IEKEIEI All rights reserved.

20224/16

謙虚と受け身の違い

謙虚とは、控えめでエゴを押さえて素直なことを言います。
一方、受け身とは、他者からの働きかけで行動することを言います。
管理者やリーダーは、人の話を素直に聞く謙虚さが欠かせませんが、受け身になりすぎると職場をまとめることは難しいです。
職場をまとめるためには、素直にものが言えなければならず、相手任せでは職場の不満がでてきます。
注意しなければならないのは、部下の意見を聞くことが部下思いと勘違いし、自分の方針や目標が指示できなくなることです。
謙虚さと受け身の違いを理解し、決して受け身にならないことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

調和性もほどほどにする

4の法則を理解する

ポジティブな情動に気をつける

言行一致の法則に気をつける

反論への対応より実行を優先する

ページ上部へ戻る