© IEKEIEI All rights reserved.

20218/16

学習性無力感を打破する

子供の像を杭につないでおくと、杭を引き抜き自由になろうとしますが、力がなくてできなければそれを諦めます。
そして、そのまま大きくなっても杭を引き抜く努力をしなくなります。
このように、子供の時代の経験から努力しないことを、心理学では「学習性無力感」と言います。
多くの人は、自分ができないことを経験すれば、この「学習性無力感」に陥り、自分の可能性にチャレンジしなくなります。
そのため、「依然やったがうまく行かなかった」といったことや、「自分には無理です」と言って避けてしまいます。
この自分の可能性の固定観念を打破しなければ、ステップアップをすることは難しいです。
このため、「依然やったがうまく行かなかった」といった思いや、「自分には無理」と思ったときは、誰かできる人に協力してもらいながらチャレンジすることです。
そのチャレンジが、「学習性無力感」の打破につながっていきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去は変えられないことを前提とする

失敗の前には予兆がある

声が小さければまとまらない

型を覚えた後でなければ型破りはできない

集中すればその本質がわかる

ページ上部へ戻る