© IEKEIEI All rights reserved.

20229/24

自分はできると考えている人が結局勝つ

「強い人が勝つとは限らない。すばらしい人が勝つとも限らない。私はできる、と考えている人が結局は勝つのだ」は、ナポレオン・ヒルの言葉です。
目標を達成させようと一所懸命に取り組んでいるとき、「難しいかな?」と思えば取り組み姿勢が変わり、結果的に目標達成ができないことが多いです。
逆に、「できる」と思って取り組んでいると、制約条件や問題が発生しても色々なアイデアが浮かび、目標達成させることが多いです。
このように、知識を持っている人が目標達成できるのではなく、知識がなくても「自分はできる」と思って取り組んでいる人の方が目標を達成しやすいのです。
ですから、「できない」「難しい」と考えるのではなく、「できる」と信じてできる方法を考えながら粘り強く取り組むことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しいことに前例はない

比較対象の表現で判断が異なる

情報の速さだけで判断しない

体験を経験に変える

直観を仮説と実態把握の繰り返しで検証する

ページ上部へ戻る