© IEKEIEI All rights reserved.

202210/1

考えても仕方がないことと考えなければならないことを区分けする

多くの人は、考えても仕方がないことを色々考え、真剣に考えなければんらないことを疎かにする傾向にあります。
何かをするとき、「もしうまくいかなかたら…」とか、「この加工は重要だから失敗しないように…」など、いくら考えても自分でどうしようもないことを、つい、考えてしまいます。
そのように、自分でどうしようもないことをいくら考えても対処のしようがありません。
ですから、考えても仕方がないことを考えるのではなく、「うまくいくためにどうすればいいか」「失敗しないようにどこを気をつけなければならないか」を考えることの方が大切です。
「うまくいくためにどうすればいいか」「失敗しないようにどこを気をつけなければならないか」は、考えたことが自分で実行できるため、深く考えれば考えるほど対応ができて心配がなくなります。
したがって、自分がどうしようもないことを考えるのではなく、自分が手を打てることを考えて心配をなくすことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しいことに前例はない

比較対象の表現で判断が異なる

情報の速さだけで判断しない

体験を経験に変える

直観を仮説と実態把握の繰り返しで検証する

ページ上部へ戻る