© IEKEIEI All rights reserved.

20228/28

話す言葉は気持ちを表現している

私たちが誰かに話すとき、自信があるときは断言調や声が大きくなったりしています。
逆に、自信がない時は、声が小さくなったり弱気な言葉が多くなったりします。
このように、自分が話す言葉は、その時の気持ちを表現しています。
しかし、職場をまとめる管理者やリーダーは、自信がない時に声が小さくなったり弱気な発言をしたりすると、部下は不安になり積極的に行動しようとは思いません。
誰も失敗すると思ったとき、前向きに行動しないのは当然でしょう。
ですから、管理者やリーダーは、常に自信を持った話し方をすることも大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

考えても仕方がないことと考えなければならないことを区分けする

自分はできると考えている人が結局勝つ

人は気に入らない情報があると反対しがちである

改善は「誰かが」ではなく「自分が」を大切にする

深めるほど知らないことが多くなる

ページ上部へ戻る