© IEKEIEI All rights reserved.

20242/10

情報の取捨選択をする

仕事をしていても趣味で何かしていても、色々な情報が入ってきます。
その情報は、活用できるものから全く関係のない情報があり、その情報を整理する必要があります。
頭やパソコンに入っている情報の整理は5Sと同じで、不要と思う情報はどんどん捨てなければ溜まる一方です。
情報の整理は、「使えるかもしれない」とか、「興味があって残しておきたい」いったものもあるでしょうが、それらの情報はいったん廃止します。
書類の廃棄は、廃棄すると使いたい時に使うことはできませんが、情報の廃棄は、使いたい時が来れば簡単に検索できますから思い切って廃止しやすいです。
そして、残した情報を検索コードをつけて整頓すれば、要るものが要るときに使うことができます。
情報も書類と同じように5Sの手順で取捨選択すると、パソコンの中もすっきりします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

行動から結果を管理する

アナログ発想を転換させる

到達点を共有化する

コントロールの幻想に気をつける

相談力を高める

ページ上部へ戻る