© IEKEIEI All rights reserved.

20242/3

アナログ発想を転換させる

以前から会社の取組みとして「業務改革」と言われていましたが、その「業務改革」の発想は、今までの仕組みを肯定しながら、新たな発想を考えることが基本でした。
しかし、現在は、AIなどの進歩により、今までの延長線上で考えると「改革」にはならず「業務の見直し」で、今やっている仕組みそのものをなくし、全く別の方法で行うやり方とはほど遠いものになります。
そのため、今やっているやり方がいいとか悪いとかの議論をするのではなく、目的を達成させるために新たなやり方をどうやるかを議論する必要があります。
そのため、今までの延長線上のアナログの発想を根本から転換させなければなりません。
会社で、「僕はアナログ派だから…」といているようでは、職場のお荷物になるだけです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

行動から結果を管理する

情報の取捨選択をする

到達点を共有化する

コントロールの幻想に気をつける

相談力を高める

ページ上部へ戻る