© IEKEIEI All rights reserved.

20228/6

あきらめの報いは自らに返ってくる

何かに取り組もうとして頓挫することはよくあります。
その頓挫したことにより、「これができる」と期待していたことができなくなり、それをあきらめなければなりません。
このように、あきらめの報いは自分に返ってきます。
しかし、あきらめずに期間がかかってもチャレンジを続ければ、その報いもプラスとなって帰ってきます。
何かにチャレンジするということは、今までやっていたことにプラスした取り組みのため、色々な障害がでてきますが、決してあきらめないことです。
あきらめの報いにしても、あきらめずに続けた報酬にしても、必ず自分に返ってくることを忘れないことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

考えても仕方がないことと考えなければならないことを区分けする

自分はできると考えている人が結局勝つ

人は気に入らない情報があると反対しがちである

改善は「誰かが」ではなく「自分が」を大切にする

深めるほど知らないことが多くなる

ページ上部へ戻る