© IEKEIEI All rights reserved.

20227/30

弱い人には許すことができない

部下がミスしたとき、その上司が激しく叱責しているのを見受けることがあります。
しかし、叱責される人を見ると弱い人が多く、「反論しない」ことを前提に叱責しています。
それは叱責することで自分の立場を強調していることが多いようです。
しかし、反論したりミスの原因と対策を系統だって説明したりする人に対しては、ミスをしても叱責することは少ないです。
このように人は、弱い人に強く当たる傾向がありますが、人から信頼されている人は、弱い人に対して強く当たることをせず、論理的に話しながら導く人が多いです。
どのような人でも、許すことができることは、それだけ大局を見て行動ができることでもあります。
目先のことばかり優先させると、弱い相手を許すことができずに部下からの信頼も失うことになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

考えても仕方がないことと考えなければならないことを区分けする

自分はできると考えている人が結局勝つ

人は気に入らない情報があると反対しがちである

改善は「誰かが」ではなく「自分が」を大切にする

深めるほど知らないことが多くなる

ページ上部へ戻る