© IEKEIEI All rights reserved.

20216/6

言語化で整理する

仕事をしていれば色々な問題に突き当たります。
その問題が大きければ頭の中の整理がつかず、いつまでもモヤモヤした気分になります。
そのもやもやした気分を晴らすには、問題を言語化することです。
言語化しながら書き出せば、書き出しながら「このようなことが原因か」とか、「これは本質とは違う」などと整理ができます。
そして、書き出したもの改めて見ると、何が問題で何が問題でないのかがわかり方向付けができます。
また、人に話すときにも整理した話ができ、意思が伝わりやすくなります。
色々な問題が発生する都度、言語化して整理することを進めます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去は変えられないことを前提とする

失敗の前には予兆がある

声が小さければまとまらない

型を覚えた後でなければ型破りはできない

集中すればその本質がわかる

ページ上部へ戻る