© IEKEIEI All rights reserved.

20216/13

何かするときには何らかの犠牲は覚悟する

何か取り組むときは、何らかの犠牲は覚悟しなければなりません。
例えば、土、日の休みが犠牲になることもあり、取り組みについてこれない人が犠牲になることもあります。
逆に言えば、犠牲の出ない取組みは成果が出せないでしょう。
何かしようと思えば現状を変える必要があり、現状を変えるためには何らかの抵抗が出てきます。
その抵抗が出ない取り組みは、現状と変わらない取り組みと言えることになります。
ですから、現状を変えることは抵抗勢力をなくすことであり、それが犠牲を伴うことになります。
犠牲を出さないように気をつけることより、目的を果たすために資源を集中させることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「できない」と「やり方を知らない」は違う

熱湯効果を活用する

山海の心を念頭に置く

目標は下方修正しない

変えてはいけないものは変えない

ページ上部へ戻る