© IEKEIEI All rights reserved.

20219/25

目的と手段が明確であれば結果はでる

私たちが行っている仕事には必ず目的があり、その目的を達成させる手段の1つを実行していることがほとんどです。
しかし、今行っている手段を目的を思い、その手段に固守し、うまくいかなかっても別の手段に変える人は少ないです。
ですから、いくら一所懸命に取り組んでも成果を出せずに行き詰まってしまいます。
仕事は、目的とそれを実行させる手段でその成果が決まります。
ですから、何か頼まれるとまず目的を明確にすることです。
そして、その目的を実行させるための手段を複数だし、目的と手段の関係を検証するといいでしょう。
そうすれば、頼まれた仕事が目的を達成させる手段として適切かどうかがわかります。
仕事を頼まれたとき、そのまま「はい、わかりました」と進めるのではなく、目的と手段を検証すれば結果はだせます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人は教えなければダメになる

「考えること」と「行動すること」の2つを実行する

おかしな職場から脱却させる

変わるはずのものが変わらない

数字の奥を分析する

ページ上部へ戻る