© IEKEIEI All rights reserved.

202011/15

メモを取らせる

重要なことを話し、それを聞いている人でメモを取っている人がどれだけいるでしょうか。
ドイツの心理学者のであるエビングハウスによると、聞いたことを20分後には42%忘れ、1時間後には56%忘れるとのことです。
そして、1日後には67%忘れてしまうようです。
これは、年齢に関係ない比率であり、前日聞いたことはほとんど覚えていないことになります。
そのため、「言った」「聞いていない」の議論が出てきます。
そのようなことが起こらないようにするためには、必ずメモを取らせることです。
逆に、メモを取らない人は、言ったことを守らない人と判断してもいいでしょう。
ですから、皆にメモを持たせ、メモ取りを徹底させることが言ったことを徹底させることにつながります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

考えを描く

人は変わることができる

机上の空論はやめる

数字を共有化する

目的の不明確な仕事はやめる

ページ上部へ戻る