© IEKEIEI All rights reserved.

20215/9

「できない」と「やり方を知らない」は違う

「できない」人はできるように実践や教育すれば徐々にできるようになっていきます。
しかし、「やり方を知らない」人にいくら教えてもできるようになることは難しいです。
ですから、「できない」といった人に対して実践や教育する前に、やり方を知らないのかを確認することです。
そして、やり方を教えてから、できるようにする教育をします。
また、「知っているつもり」と「やれる」事の違いも理解する必要があります。
いくら頭で知っていても現状は違い、それを放置していると、いつまでも「知っているつもり」で実践できずに目的を達成させることはできません。
「できる」「やり方を知らない」「知っている」「知っているつもり」の中身を知って指示をすることは欠かせません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インプット情報を増やす

何かするときには何らかの犠牲は覚悟する

言語化で整理する

「わかった」は「わかっていない」と思うこと

人は本能的に自己を正当化する

ページ上部へ戻る