© IEKEIEI All rights reserved.

20197/7

背景を話す

相手に頼んだり指示したりするとき、結論だけ言うことがほとんどで、その背景を話すことは希ではないでしょうか。
結論だけ言って頼んだり指示したりするのは、事務的で感情がでないため、どうしても意思疎通ができない場合が多いのです。
仕事をするときは、目的をもちろん言わなければなりませんが、背景をきっちり話す事も大切です。
なぜなら、背景を話すことにより、「その仕事についてお互いに共有化している」といった気持ちが持て、一体感ができる場合が多いからです。
背景を話す内容に、重要事項があれば特に、「重要情報を共有化している」といった気持ちになります。
そのように思った経験はありませんか?
単純に仕事を頼むのではなく、背景をきっちり話し、「一緒にやろう」といった気を持たせることも大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自分のやり方を検証する

管理能力より本質をつかむ能力を磨く

「承認欲求」がやる気の原動力

ユーモア力をつける

将来の希望を失わない

ページ上部へ戻る