© IEKEIEI All rights reserved.

20194/7

Why型思考に転換する

What型思考の反対に、Why型思考があります。
これは、Whyが示すように「なぜ?」が、物事の理由を問うことがですから、ある事柄が起こっている理由や背景といった目に見えないものを追求して、判断したり行動したりすることを言います。
What型思考が表面を見た判断や行動することに対して、その表面に見えていることをさらに、「なぜそうなったのか?」を追求して本質を見いだして判断や行動をする考え方です。
忙しくしていると、表面にでた現象で判断してしまうことが多いですが、見えていることのみをとらえた思考を一次ストップさせ、「なぜ?」を考えることが重要です。
忙しさを理由に多くのことを置き去りにしていますが、「そのつけは必ずでてくる」ため気をつけなければなりません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天の邪鬼(あまのじゃく)になる

成功体験を捨てる

What型思考に注意する

反復は研究の母なり

聞いた知識を自分のものにする

ページ上部へ戻る