© IEKEIEI All rights reserved.

20227/3

自説と他説を考える

多くの人は、「自分がこう思う」と思えば他の意見を聞かなくなることを多いです。
その結果、自分が間違っていればやり直すことになります。
それは、脳が自説優先にストーリーを考えるため、ストーリーから外れる他説を排除しがちになることが原因と言えます。
ですから、自説を進めようとするときは、他説はどのような内容かを冷静に分析することは、失敗を防いだり不足部分を補ったりする上では大切になってきますす。
何かを始めるときは、自説が正しいと確信していても、必ず他説に耳を傾け、両方を比較することです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

考えても仕方がないことと考えなければならないことを区分けする

自分はできると考えている人が結局勝つ

人は気に入らない情報があると反対しがちである

改善は「誰かが」ではなく「自分が」を大切にする

深めるほど知らないことが多くなる

ページ上部へ戻る