© IEKEIEI All rights reserved.

20227/9

力不足は補える

新しいことに取り組むとき、自分は力不足を感じることがあります。
そして、力不足を心配し、リーダーを辞退する人がいます。
何か新しいことをするときは、その裏付けがないため、自分にまとめる力があるのか迷うことは誰でもあります。
また、取り組んでいる最中にも力不足を感じる場面は多々出てきます。
しかし、そのような迷いや力不足は取り組みを進めながら、勉強したり援助を受けたりして補うことができ、多くの人はそれで凌いでいます。
したがって、やり始めるときに力不足を感じて辞退するか、やりながら補っていけると思って引き受けるかで大きな差が出てきます。
力不足を頭で思うだけでは何の進歩もありません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

考えても仕方がないことと考えなければならないことを区分けする

自分はできると考えている人が結局勝つ

人は気に入らない情報があると反対しがちである

改善は「誰かが」ではなく「自分が」を大切にする

深めるほど知らないことが多くなる

ページ上部へ戻る