© IEKEIEI All rights reserved.

20225/7

人に好かれる4つの要素

人に好かれる要素に、「近接」「頻度」「持続期間」「強度」があります。
近接は、距離感であり、近くにいる回数が多ければ好感度は上がります。
頻度は、接触する回数で、何回もあっていれば好感度が上がります。
持続時間は、一緒に過ごす時間を言います。
そして、強度は、言葉やしぐさで相手の望みをかなえる程度を言います。
この4つの要素は、コミュニケーションでも言われている要素でもあります。
最近は、リモートが増え、この要素をどのようにして改善するかがメディアなどで取り上げられています。
会社にいるときは、リモートと同じようになんでもメールで片づけずに、面倒でも相手の場所に行き、直接伝えて4つの要素を補うことです。
そうすれば、文字では伝えきれない気持ちが伝わり、好感度も上がっていきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

調和性もほどほどにする

4の法則を理解する

ポジティブな情動に気をつける

言行一致の法則に気をつける

反論への対応より実行を優先する

ページ上部へ戻る