© IEKEIEI All rights reserved.

20195/12

中身重視型に気をつける

中身重視型とは、まず内容をしっかりまとめ、それからフォームやストーリーを考えるやり方です。
例えば報告書で言えば、報告する内容をしっかりまとめ、それからどのようなストーリーにするかを考えてまとめていくやり方です。
これは一見いいように思いますがそうとは限らないことが多いです。
なぜなら、自分の言いたいことをしっかりまとめても、相手が知りたいことや望んでいることとは必ずしも一致しないということです。
いくら一所懸命にまとめても、相手が望んでいる内容と違えば、そのまとめは自己満足でしかありません。
ですから、内容をしっかりまとめても、相手の重要度と一致しなければムダな労力を費やすことになります。
「中身がしっかりしていれば、外観は付いてくる」といった考えが通らないことも知ることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

行動から結果を管理する

情報の取捨選択をする

アナログ発想を転換させる

到達点を共有化する

コントロールの幻想に気をつける

ページ上部へ戻る