© IEKEIEI All rights reserved.

20208/2

目的と手段を考えた仕事をする

仕事をする上で、「今行っている仕事の目的は何か」、「その目的を達成する出来映えになっているか」をよく考えることが重要です。
しかし、現状は、忙しいため頼まれた仕事を一所懸命期限内にし、目的と合っているかの手段を検証せずに「できました」と提出することが多いのではないですか。
それでは、仕事をしたことにはなりません。
仕事をすると言うことは、「目的に見合った手段を選ぶ」ことです。
単純に「資料を作る」のも、目的によって、
①データを挿入する。
②原因まで分析する。
③添付資料をつけて裏付けがわかるようにする。
など、色々な手段があります。
裏付けデータがいらない資料に、よかれと思い色々な資料をつけて出せば、「ご苦労さん」と言われる前に、「ムダな時間を使って・・」と思われます。
仕事をするときは、「この目的は何だ」と自問し、目的に見合った手段を考えることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

決めたことは守らせる

手順書は教えてもらう人に作らせる

慰めは根本解決にならない

目安をつけて行動する

メールはコミュニケーションのツールではない

ページ上部へ戻る