© IEKEIEI All rights reserved.

20212/7

選ぶことを選ぶ

仕事をするとき、自分で自主的に「これをしよう」と選びながらすることは少ないです。
大半が、「これやってくれ」「あれやってくれ」と、一方的に決められたことを実行していくことが主体です。
やる気を出して仕事をする条件として、何をするかを自分で選んでやることがあげられています。
そのやる気を出せるためには、目的を与えて手段は自分で選んで実行させるです。
そうすれば、自分で選んだ手段に対する制約条件や問題解決に一所懸命に取り組んでいきます。
そうでなければ、何か問題が出るごとに「どうしましょう」と相談します。
それは、自分が考えた手段でないため、手段を考えた人に気かなかればわからないためでもあります。
仕事は、選ぶことを選べるようにすることが重要です。
ですから、管理者やリーダーは、選べる仕事をさせることです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去は変えられないことを前提とする

失敗の前には予兆がある

声が小さければまとまらない

型を覚えた後でなければ型破りはできない

集中すればその本質がわかる

ページ上部へ戻る